住まいの資産価値を守る外壁塗装

外壁塗装です。

御殿場市内で外壁塗装工事を請け負合わせていただきました。

最近、外壁や屋根の塗装工事が増えています。なぜ多くなっているのか。それは、塗装の意味・メリットを見てみると良く分かります。それでは、その意味・メリットを見てみましょう。

塗装には、①「家をきれいにする」②「家を風雨や紫外線から守り、寿命を延ばす」③「遮熱・防水・防カビなど、様々な機能を付加する」という意味・メリットがあります。それらは過去記事(外壁塗装でお家を長寿命化)(次世代へつなぐ外壁塗装)でも触れています。

まず①の「家をきれいにする」ですが、これは外壁塗装の効果で最も分かりやすい部分でしょう。外壁塗装をすることで、家が新築時のような美しさを取り戻し、住まいの外観を一新させることができます。家も新築後10年以上経過すると、外壁は経年劣化により色あせや汚れコケなどが発生します。そうなると建物の外観は古びてしまい見た目が断然悪くなってしまいます。もし自分の家がそうなってしまっても、外壁塗装をすると新築時の輝きを取り戻すことができます。また、既存の色とは違う色も選べるので、色を変えることで住まいの印象を一変させることもできます。

②の「家を風雨や紫外線から守り、寿命を延ばす」ですが、実はこれが一番大切なことになります。先ほど、外壁の経年劣化は色あせを引き起こすと記述しましたが、外壁の経年劣化は外壁のひび割れや塗装の剥がれなど、外壁本来の性能の低下を招くと共に、コーキングのひび割れも引き起こします。その様な症状を放置すると、雨水が建物に侵入し雨漏りの原因になったり、シロアリの発生につながります。そしてそれがさらに進行すると、建物の躯体を腐食し建物の寿命を短くしてしまいます。外壁の経年劣化の真の怖さは、実はこの様なことなのです。新築後何年か経過し、気付いたらこの様なことになっていたなんてことにならない様に、外壁塗装を行って建物を保護する必要があります。外壁塗装は、塗膜と呼ばれる塗料の膜を形成するので、風雨や紫外線など厳しい自然環境から建物を守り建物の寿命を長くしてくれます。

③の「遮熱・防水・防カビなど、様々な機能を付加する」は、塗装時に機能性のある塗料を選べば、家はさらに住みやすく快適になります。外壁塗装には、建物をきれいにしたり保護をしてくれたりしてくれること以外に、「遮熱機能」や「防水機能」、「防カビ機能」、「防錆機能」等、様々な機能を付加できるというメリットもあります。付加できる機能は様々な種類があるので、自分に合った機能を選択する、または、事前に業者に相談するなどをしておいた方がいいですね。

以上まとめてみますと、外壁塗装は「住まいの資産価値を守る」ことになります。外壁塗装は、住まいを長寿命化し、いつまでも安心してその場所に住むことが出来ます。そして、将来ご家族に住まいを譲ることになっても、次世代の方もそこで安心して住むことができます。また、もし売却ということになっても、外観の美しさと建物のメンテナンスを行っているということで、資産価値は高くなります。

家とは、長くお付き合いするものです。長くお付き合いする間には、色々なことが起こります。もし何か分からない事や相談事がある場合は、弊社までお気軽に問い合わせ下さい。

 

お問い合わせ

玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359

Top
玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359
TEL 0550-82-2131