二重窓(内窓)の設置でお家の性能アップ

御殿場市内で、二重窓(内窓)の設置工事を請け負わせていただきました。

リフォームでお家の断熱性能を上げる方法の一つに、二重窓(内窓)の設置があります。

二重窓(内窓)とは

二重窓(内窓)とは、既存の窓サッシの内側にもう一つ窓サッシを取り付け、窓サッシを二重にすることです。複層ガラスと間違うことがありますが、まったくの別ものです。

御殿場リフォーム・二重窓(内窓)設置
二重窓(内窓)設置イメージ

なぜわざわざ窓サッシを二重にするのか。それにはそれなりの意味があるのです。

まず、家の暑さ・寒さについてです。家の暑さ・寒さに影響を与えるのは外気ですが、外気の熱は家の様々な箇所から流入します。その熱の流入が一番大きいのは、実は窓なのです。夏に熱が外から家に流入する割合は、熱全体の74%が窓からとなります。逆に、冬に熱が家から外に流出する割合は52%が窓からになります。窓以外の箇所からの熱の流入・流出と比べると、いかに窓から熱が入りそして出ていくかが分かります(窓が家に熱をもたらす影響については、過去ログお家の熱は、窓から逃げている!(窓から入ってくる!)をご覧下さい)。

二重窓(内窓)は、壁を壊すことなく内側からもう一つ窓サッシを取り付けるだけなので、施工が簡単で短時間で済みます。二重窓(内窓)の設置で、夏は涼しく冬は暖かい部屋へと変身させることができます。

[二重窓(内窓)のメリット]

①断熱

二重窓(内窓)にすると、なぜ夏は涼しく冬は暖かい部屋へと変身するのか(断熱性能があがるのか)。それは、二重窓(内窓)になると、既存の窓と内窓の間に空気層が作られ、この空気層が断熱材の働きをし、断熱性能が良くなるのです。このことにより、熱の家への流入そして家からの流出をおさえることができ、お部屋を年中快適な状態にしてくれます。また、冷暖房の効率もアップさせてくれます。二重窓(内窓)を選ぶ時、一般的なアルミサッシを選ぶのでなく、熱伝導率が低い樹脂製のサッシを選ぶと、さらにその効果は上がります。

②防音

音は空気の振動により伝わり、そして窓から入ってきます。その窓を二重にすることにより、気密性が高まり防音効果を高めることができます。

③結露防止

結露は、外気温と室温の差が大きくなると発生します。結露は黒カビの発生につながるので、人の体にとってはよくありません。結露防止対策の一つとして、窓サッシを二重にすることがあげられます。窓サッシを二重にすることにより空気層ができ、外気温と室温との差が軽減され結露が発生しにくくなります。また、サッシを樹脂製のものにすれば、さらに結露防止効果が期待できます。

御殿場リフォーム・二重窓(内窓)設置
結露イメージ

④防犯

二重窓は、防犯の面でも効果が大です。窓は、空き巣に狙われる最大の箇所です。戸建ての空き巣の進入路は窓が一番多く、縁側・ベランダ・居室・その他の窓からの侵入は、住居侵入窃盗事件の63.4%も占めています。その住居侵入窃盗事件で一番狙われている窓を二重にすることで、空き巣から身を守る防犯対策となるのです。

御殿場リフォーム・二重窓(内窓)設置
空き巣侵入イメージ

今回、二重窓(内窓)を設置させていただいたお家の施工写真です。

写真が逆光なのでちょっとわかりずらいですが、既存の窓サッシ(写真左側)の内側に新たに窓サッシがつきました(写真左側)。

下の写真は、施工後になります。この内窓で、断熱や防音の効果はかなり期待できると思います。

リフォームによるお家の性能アップの事例を取り上げました。

 

お問い合わせ

玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359

Top
玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359
TEL 0550-82-2131