冬の住まいを快適にする秘訣は、暖房器具よりも、家の建て方にあった(Part2)

高断熱・高気密住宅のすすめ

家の中の寒さ、冷え解消策として暖房器具、加湿器の話をしてきましたけど、実は器具では暖房問題の解決は難しいのですね。そこで、建物に注目して下さい。

いくら器具ががんばっても、建物の中に外の寒さ冷たさがどんどん侵入してきたら、とても守りきれないです。外の寒さ冷たさに影響されない家に暮らす、まずそれが基本です。高断熱・高気密住宅ですね。外の寒さや暑さを家の中に入れない(断熱)、家の中の涼しさ、暖かさを家の外にもらさない(気密)。この両方の条件を満たして初めて、省エネと耐久性と住む人の快適さと健康が得られます。

建物が冷たいと、暖房の効きが悪くなる。壁や床や天井の冷たさが、住む人の体温を奪う。陽当たりの良い側と、陽当たりの悪い側の温度差が大きくなる。陽当たりの悪い側では、結露やカビが繁殖する。温かいところから寒いところへ移動すると、ヒートショックに襲われる…こうしたリスクをなくすのが、高断熱・高気密住宅なのです。

「エアサイクルの家」も高断熱・高気密です。しかしエアサイクルの家は、さらにプラスアルファとして、快適かつ健康な温熱環境、きれいな空気、ヒートショックのない環境、住む人の健康を守り、建物の寿命を延ばす仕組みを加えています。それが床下、壁体内・天井裏に空気を廻すエアサイクルシステムです。

壁体内通気|エアサイクルの家

みらいのたね賞、いただきました。

昨年開催された経済産業省や国土交通省が後援する日本一の建築展示会に出展した「エアサイクルの家」は、主催者(日本能率協会)から「みらいのたね賞」を贈られました。この賞は、優れた建築を生み出すことに貢献した製品、未来の布石となりうる製品に対して贈られる賞です。エアサイクルの家が褒められたのです。嬉しいです。これからももっと良くなるエアサイクルにご期待ください。

お問い合わせ

玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359

Top