睡眠負債、貯まっていませんか?(その2)

睡眠の質

人間は睡眠中に、レム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しているといわれています。レム睡眠は、身体は寝ているけど脳は起きているとう状態で、ノンレム睡眠は、身体も脳も眠っているという状態を指します。特に大切なのは最初の90分の深い眠りで、専門家は黄金の90分と呼んでいます。黄金の90分を得るには次のような習慣をつけることが大切です。

●夕食のあと、すぐに眠ると睡眠の質が落ちるので、食後2時間以上たって胃の中をからっぽにしてから就寝する。

●就寝前は脳の興奮を鎮め、リラックスした状態で眠る。

●入浴は就寝1時間前に済ませておく。湯温は40℃程度のぬるめの全身浴。体温を下げて血液の流れをよくしてから就寝します。

●寝つけない時は、ストレッチなど軽い有酸素運動をしておく。

●寝る前のパソコン、スマホ、ゲームなどは厳禁。脳を興奮させたり、ブルーライトがメラトニンを減らすからです。音楽も消しておく。

●部屋は暗くして眠る。暖色系の照明で、間接照明が良い。朝はカーテンと窓を開け、光を浴びる。これでメラトニンが増え、体内時計が整えられます。

●よく眠れなかった時は、日中に20分だけ昼寝をする。パワーナップという方法で、正午から午後3時の時間帯に20分だけ眠ります。

快眠住宅の幸せ

住まいが寒すぎて、エアコンを入れっ放しにして眠るというのも、不経済かつ不健康です。でもエアサイクルの家のように、断熱性に優れた家は、寒さや熱さが緩和され、室温が安定しているので、快眠住宅でもあるのです。

Top
玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359
TEL 0550-82-2131