住まいの歳時記[ヒートショックを回避するためには…]

ヒートショックを回避するためには…

毎年5千人ほどの高齢者が浴室で亡くなっており、その大半がヒートショック死だそうです。急激な温度差により、血管が収縮したり血圧が上昇して、そのショックで心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすというのがヒートショックの症状です。

ヒートショックが起きやすいのは、暖房のきいた部屋から冷え切った脱衣所や浴室に移動した時や、湯船で身体を温めたあと冷えた脱衣所に移動した時で、そのような状況が最も危険です。

ヒートショックを防ぐための対策を、いくつかご紹介しましょう。まず入浴前に、脱衣所と浴室を暖めておくことでしょう。浴室は、浴室用暖房乾燥機で暖めると安心です。設備がない場合は、シャワーの温水を浴室の床や壁にかけて、浴室を暖めておくといいでしょう。また、湯船のふたをあらかじめ開けておいてもいいでしょう。脱衣所も、ヒーターで20℃ほどに暖めておくといいでしょう。湯船の湯温は40℃ほどにし、いきなり湯船に入らず、身体にお湯をかけて慣らしてから入るようにしましょう。

高齢者の場合は、一番風呂は避けましょう。出来ることなら日没前に入るといいでしょう。深夜の風呂は避けて下さいね。

「エアサイクル住宅」は断熱性に優れた家です。寒さ暑さが緩和され、家の中の温度差が少ないので、ヒートショック対策には適した住宅です。

http://www.aircycle.co.jp/

Top
玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359
TEL 0550-82-2131