睡眠負債、貯まっていませんか?(その1)

「インスタ映え」や「忖度」と並んで、昨年の流行語大賞に選ばれた言葉に、「睡眠負債」があります。

アメリカのスタンフォード大学での研究成果をまとめた「最高の睡眠」がベストセラーになったり、NHKが番組で特集したことで流行語になりました。

睡眠不足は蓄積されるということから、「負債」と名づけられました。寝不足が重なると脳が徹夜したあとと同じ状態になり、肥満、糖尿病、認知症、癌などのリスクが高まると指摘されています。

睡眠の役割

睡眠は、次のような役割を担っています。

①脳と身体に休息を与える。

②眠っている間に記憶を整理して、定着させる。

③ホルモンバランスを整える。

④免疫力を上げて、病気を予防する。

⑤脳の老廃物を除去する。

睡眠負債が重なると、脳の働きが落ち、集中力が欠けるようになり、仕事中に居眠りしたり、ミスが増えたり、生産性が落ちたりします。そこで企業の中には、昼寝タイムや昼寝コーナーを設けるところも増えてきました。

必要な睡眠時間

睡眠は8時間という常識があったように思うのですが、近年は日本人の睡眠時間が以前よりも減ってきて、6時間という人が4割もいます。しかし一日に7時間30分の睡眠が理想と専門家は指摘しています。

Top