神社修繕工事「金輪継」

こんにちは。

玉穂木材工業株式会社 菅沼(良)です。

神社の回廊の板が腐ってしまったので、その修繕工事を行いました。早速腐ってしまった板を剥いだのですが、何とその他の箇所も腐食が進んでしまっていました。

これには、驚かされました。まさか、こんなに腐食が進んでいたとは… これでは本体への影響が出かねませんので、土台・柱・敷居も交換することになりました。土台・敷居は普通に交換すればいいのですが、問題は丸柱です。この丸柱をどのようにするか。腐食箇所を切断して、そこから下の部分を新たに継ぐしかないですね。それならここは、金輪継(かなわつぎ)です。

金輪継ぎ
金輪継ぎ

金輪継は伝統工法で昔からある工法ですが、近年は職人さんの技術力不足で、このような工法ができる職人さんも少なくなってきてしまいました。

現在、このような技術が必要のない時代になってきてしまいましたが、やはりこのような技術は後世に継承していかなければいけませんね。

 

お問い合わせ

玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359

Top