シャッターで、窓&住まいを守る!

こんにちは。

玉穂木材工業株式会社 菅沼(良)です。

前回に続いて、今回も窓の話です。といっても、窓そのものの話ではなく、シャッターの話です。

シャッターをつけてあるお宅は結構あると思いますが、つけていないお宅もまだたくさんあります。シャッターはなぜつけるかというと、今までは防犯という意味合いが強かったかもしれません。しかし近年、台風が大型したり竜巻が起こったり、台風でなくても強風が吹き荒れたりと、気象条件がとても厳しくなってきました。そのような中でシャッターは、防災という意味合いがかなり強くなってきました。住まいにとって台風や強風、竜巻で危険なことは、風圧そのものではなくて、その強風で飛ばされてきたものがぶつかることなのです。飛来物が窓ガラスにぶつかると、ガラスが割れ室内に飛散してしまいます。そうなると、ガラスの飛散と同時に強風雨は家の中に入り、家の中がめちゃくちゃになってしまいます。シャッターをつけることで、暴風時の想定外の飛来物から窓を守り、安心・安全な住まいへとできます。

また、最初に触れましたが、シャッターをつける目的には、防犯もあります。泥棒の侵入経路の圧倒的1位は、「窓」です。侵入方法としては、ドライバーなどを使って音を出さないようにガラスを破壊する手口が多いです。シャッターがあれば、泥棒の侵入抑制効果はバツグンです。

しかし、「今の窓にはシャッターがついていないから、窓ごとシャッターつきに変えなきゃいけなの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ご安心下さい。既存の窓の上に、後付けでシャッターは取り付けられます。

後付けシャッター

上の写真、ちょっと分かりずらいですが、後付けのシャッターです。このように、既存の窓に後からシャッターを取り付けることは、可能なのです。

防犯・防災に不安のある方は、ぜひ相談をして下さい。

また近年は、電動リモコンシャッターもあります。これなら、窓を開けずにボタン1つで開閉が出来、音も静かです。中には、スリットシャッターというものもあります。これはすぐれものです。下の動画をご覧ください。

 

以前ここで紹介したことがあるのですが、このシャッター、スリットが入っています。そして、そのスリットが開閉します。このスリットは「すだれ」のような効果を発揮し、光や風を採り込むことができます。昔はよく見かけたすだれですが、今ではほとんど見かけることもなくなりました。このシャッターは、そのすだれを現代風に再現したような感じです。

電動リモコンシャッターならびに、この電動リモコンスリットシャッター共、後付けが可能になっています(電機工事が必要)。

シャッターでも彩光・通風することが出来、快適生活つながります。

 

お問い合わせ

玉穂木材工業株式会社
静岡県御殿場市ぐみ沢1359

Top