レッドビーシュリンプの飼育再開

こんにちは。

玉穂木材工業株式会社 菅沼(良)です。

今日はプライベートネタです。

今度新しく、水槽を立ち上げました。

水槽の中身は、レッドビーシュリンプです。

白と赤の模様で、とてもきれいなエビです。このレッドビーシュリンプはとてもデリケートなエビで、飼育がとても難しいと言われています。3年ほど前にも飼っていたのですが、水質管理が悪かったのかどうか分かりませんが、その時は全滅してしまいました。

それからレッドビーシュリンプの飼育は遠ざかっていましたが、富士にレッドビーシュリンプの専門店があると聞いたので、早速そちらへ出向いて飼育のことについて色々教えてもらいました。

とりあえずそのお店の推薦するものを購入して、レッドビーシュリンプの飼育に再挑戦することにしました。まだ初心者ということで、とりあえず6匹からの飼育を再開しました。水槽に6匹しかいないと、ちょっと(というか、かなり)寂しい水槽ですが、これから少しずつ繁殖させてにぎやかな水槽にしたいと思います。

水槽を立ち上げたら、早速抱卵をしてくれました。

お腹がちょっと茶色くなっているのが、わかりますか?これが卵です。水槽を立ち上げてから初めての抱卵なので、とても嬉しいですね。

そして1ヶ月もすると、稚エビが誕生します。

ちょっとわかりずらいですね。とても小さいのですが、これでも大きくなった方です。稚エビは4匹確認できたのですが、現在は2匹しかいません。知らぬ間に2匹減ってしまいました。ショック…

でもまた別のメスが抱卵をしたので、次の稚エビの誕生を楽しみにしています。

Top