洗濯物の室内干しユニット

こんにちは

玉穂木材工業株式会社 菅沼(良)です。

6月に入り、梅雨の時期となりました。これから約一ケ月半、いやな気候が続きますね。予報では、6月は雨が少ないとか出ていますが、実際はどうなるかわかりませんね。梅雨というと、雨、湿気が多い、日照時間が少ないなど、生活する上ではあまり良いことがありません(夏場の水不足解消のためには、雨は必要ですが)。

そんな中、生活で不便を感じるのが、洗濯物でしょう。洗濯は、日常生活では欠かせないものです。そして洗濯をすれば、必ず洗濯物が出ます。その洗濯物をこの梅雨の時期、どうやって干そうかお困りの方も多いかと思われます。

そんな時にとても便利なのが、この室内物干しユニット「ホシ姫サマ」です。今回は、室内物干しユニット「ホシ姫サマ」を紹介します。

このうっとうしい梅雨の時期、洗濯物を外に干せないので、どうしても室内干しにせざるを得ない事がよくあります。でも室内には、そんなスペースはないというのが現状かもしれません。この室内物干しユニット「ホシ姫サマ」は、そんな悩みを解消してくれるアイテムではないかと思います。この動画は、弊社で新築したお宅に「ホシ姫サマ」を取り付けた時に撮ったものです。天井に物干し竿が格納されていて、スイッチ一つでその物干し竿が降りてきます。そしてその物干し竿に洗濯物を掛けて、物干し竿を天井に格納すれば、それで洗濯物を干すスペースが出来上がります。これなら洗面室が混雑する時も、洗濯物は邪魔になりません。また、洗濯機から洗濯物を取り出して、そのまますぐ干せるので、短い移動距離で作業が出来ます。動線にも十分考慮されたもので、家事がとても楽になります。

実は洗濯物は、一年を通して室内干しにしたいという場合が多いです。梅雨のこの時期はもちろんのこと、夏は急な雷雨、冬は気温が低くて乾きにくい、春は花粉といった具合です。決して室内干しを勧めているわけではありませんが、こういうアイテムがあれば生活がもっと楽になり、そして楽しくなるのではないかと思います。

この「ホシ姫サマ」。新築時だけでなく、リフォームでも取り付けられますので、洗濯物でお困りの方は是非一度ご相談下さい(取付けには多少の条件が必要な場合があります)。

Top